宣伝力に期待できるフライヤー印刷!集客アップのためのノウハウ

適切な印紙を選ぶと良い

利用する環境を考える

ペンタブレット

フライヤー印刷には印紙の種類が複数存在していて、それぞれにメリットがあります。光沢紙は表面がツルツルとしていて、発色がとても鮮やかなので、新聞の折り込みチラシなどに頻繁に使われています。フライヤー印刷の際にも多く利用されており、人気の高い印紙のひとつになっています。光沢紙を利用してフライヤー印刷を行なう場合には、写真や各種の画像を使用したカラフルな素材を扱うことが多いので、写真を使用したフライヤーを刷りたい場合には光沢紙を選択すると良いでしょう。つや消しが行なわれており落ち着いた印象を与えるマット紙は、フライヤーとして多く利用されており、大量にフライヤーを作成する際にはとても便利です。マット紙の特徴はザラザラとした紙質となっており、光を反射することがないので、照明などの下でも快適に文字や絵柄を確認することができます。そのためお年寄りの方を対象にするフライヤーを作成する際に向いています。普通紙は表面に特別な加工を施さないシンプルな印紙となっていて、上から鉛筆などで気軽に書き込むことが可能なので、書き込みが必要は書類に関しては普通紙が広く利用されています。フライヤーに関しては各種のアンケートなどを実施する場合には、上から書き込むことのできる普通紙が最適です。フライヤー印刷に利用される印紙で代表的なものとしてはこれらの印紙となっていて、それぞれに特徴が存在しているので、利用する環境に照らし合わせて適切な印紙を選ぶと良いでしょう。

低コストで作成する

メンズ

フライヤー印刷は普通のチラシよりも小さい紙にされることが多く、様々な形に切り取って利用されます。セールやイベントの情報をインパクトを与えて伝えるために利用されます。フライヤーは人の手で配布されることの多いものですので、ぱっと見て印象に残るものでなければなりません。印象的なフライヤーを作成するためには、細かな要望に迅速に応えてくれる印刷会社を選択する必要があります。初めてフライヤー印刷を利用するという場合は、たくさんある印刷会社選びが肝心です。フライヤー印刷はできるだけコストをかけずに行いたいという方は多いです。自社でプリンターでフライヤー印刷すると、意外と消耗品費がかかってしまうことがあり、印刷できる用紙も限られます。業者に依頼すると、仕上がりも綺麗で、特殊なデザインにも対応してもらえます。ネット印刷なら、少しの枚数から印刷可能で、リーズナブルに作成できるため、人気を集めています。ネット印刷サイトは、数多くあり、納期の早さが特徴のサイトや価格の安さが特徴のサイトなど様々です。ニーズや目的に合ったサイトを選択しましょう。また、どのようなデザインが良いのか作成に困ってしまう場合には、ネット印刷サイト独自のテンプレートを無料で利用することが出来ますので、是非チェックしてみましょう。また、入稿データの作成を依頼でき、相談にのってもらえるサイトもありますので、デザインに自信がないという場合には利用してみると良いでしょう。

お得な価格で依頼するには

レディ

フライヤーを作成するには、お客様に商品の魅力を伝えられて、かつ他社とは違う個性を出すデザインをしなければいけません。また、これは広告宣伝として消費者に購買などを促すことが目的です。そのため、作成するには専門的なノウハウがある印刷会社に依頼すると良いです。こうすることで、消費者が思わず惹きつけられるフライヤーを作ることが可能です。また、印刷会社のため、そこで作成したフライヤーを印刷することが出来ます。しかも、紙の質やサイズ、そして枚数なども細かく指定が可能です。さらに、専用の印刷機で印刷を行うため、高品質で大量の印刷を行えます。そこで、フライヤー印刷をするのに費用はどれくらいかかるのかということですが、色やサイズ、そして数量などによって違います。例えば、フライヤー印刷の相場としてはA4サイズの片面のフルカラーは200枚頼むと3000円から5000円前後となっています。これだと、1枚の単価は15円から25円となります。しかし、1000枚頼むと4000円から6000円前後となっており1枚の単価は4円から6円です。このため、フライヤー印刷はたくさん注文すれば単価を下げることが出来ます。また、最近では注文を確定してから即日または翌日には発送してくれる業者も多いです。そのため、スピーディーに受け取ることが可能です。このように、もしフライヤー印刷を大量にする場合には、自社でやるのではなく印刷会社に依頼した方が、低コストで高品質なものが出来ます。

初めてはお得に利用しよう

印刷

フライヤー印刷を利用する際には業者によって料金が安くなるキャンペーンが行われているかチェックしましょう。初回利用時に安くなったり、大量注文することによって安くなるキャンペーンが主流です。条件に当てはまっているか確認するくせを付けましょう。

もっと読む

適切な印紙を選ぶと良い

ペンタブレット

フライヤー印刷では光沢紙やマット紙など、各種の加工が施されている印紙が多く使われています。光沢紙は色がとても鮮やかで、マット紙はザラザラとしていて使い勝手がとても良いです。また普通紙は利用範囲が広いのでフライヤーにとても向いています。

もっと読む

知っておくべき印刷用語

印刷物

フライヤー印刷をする場合には、印刷用語を覚えておくと不必要なトラブルを減らすことが出来ます。パソコンの画面上では問題ないように見えていても、実際に印刷するとうまく行かない事も多いので、頭に入れておきましょう。

もっと読む