宣伝力に期待できるフライヤー印刷!集客アップのためのノウハウ

知っておくべき印刷用語

これで入稿トラブルゼロ

印刷物

フライヤー印刷を依頼するならインターネット経由が一番安価でスピーディーですが、印刷業者と直接会話することがないので、意外に不明点が曖昧になりがちです。フライヤー印刷に限らず基本的に印刷をする上で知っておくべき基礎知識というものがありますが、印刷用語から覚えておけば不必要なトラブルもなくスムーズに行くようになります。用語は多岐に渡りますが、最低限覚えておくべき代表的な用語をまとめてみましょう。フライヤー印刷で多いオフセット印刷とは、現在の印刷の主流で、データを一度ローラーに転写してから印刷する方法です。紙を選ばずキレイに印刷出来る平版印刷の一種と覚えておきましょう。フォントのアウトライン化は、文字の図形化という意味になります。フォントは基本的に機種依存のため、文字化けしないように文字ではなく文字の形の図形データに変えると理解しておきましょう。モアレは、フライヤー印刷をした時に意図していない模様が現れてしまう現象ですが、格子模様や縞模様、漫画のトーンなどに現れてしまう事が多い現象です。これは発生規則が不明なため防ぐ方法がなく、模様部分を多少ずらしたり、重ねをなくしたりすることで消す必要が出て来ます。トラブルが多いヘアラインとは、データとしての線幅が0ptのラインのことを指しています。ヘアラインは画面上では線として見えていたとしても、データ的には0なので印刷することは出来ません。フライヤーをデザインする際には、線幅はどんなに細くても0.3ptは確保するよう注意が必要です。パソコンで作業するのが基本となった今、モニターの中と印刷物とのギャップが生まれないようにすることが重要です。

作業手順など

色見本

お店などのフライヤーを作りたい時に便利なのがネット通販のプリントサービスです。このサービスを使えば自宅やお店からいつでも簡単にフライヤー印刷を依頼することが出来ます。サービスの利用にはパソコンやスマートフォンなどを使うのでお店に出向くなどの手間もありませんし、オンラインで注文するので24時間受け付けてくれます。また、フライヤー印刷に必要なデザインの編集やデータ入稿がオンラインで出来るので編集ソフトや外部メディアなどを用意する必要もありません。支払いについてもオンライン決済に対応しているので、今すぐフライヤー印刷を依頼したいという場合にも便利なサービスだと言えるでしょう。ネット通販でフライヤー印刷を依頼するには、まず紙の種類や印刷方法を選びます。印刷方法についてはオフセット印刷やオンデマンド印刷などを選ぶことが可能で、これは作りたいフライヤーのデザインや部数などの他、予算などによっても変わってきます。また、両面印刷、片面印刷、カラー、白黒なども自由に選ぶことが出来るようになっているので、イメージ通りのフライヤーを作り上げることが出来るでしょう。デザインを決めたら注文を行いますが、早ければ注文した当日に発送してもらうことも可能です。とてもスピーディーに仕上げてくれるので急に決まったイベントの告知などにも間に合わせることが出来るのではないでしょうか。また、追加注文やフライヤー以外の印刷物の同時注文など、あらゆる要望に臨機応変に対応してくれるサービスとなっているので、大いに活用すればお店のPRになること間違いなしです。

加工も任せる事が可能

男女

一昔前であればチラシを印刷するために、印刷業者まで直接足を運んで交渉をして、デザインに関するアドバイスを求める必要がありました。インターネットの普及率も向上している現在では、印刷業者と直接顔を合わせるような必要も無く、インターネット越しにフライヤー印刷の注文を済ませる事が可能です。テンプレートに合わせてデザインを決めるだけで、簡単にフライヤー印刷を済ませる事ができるという点も高く評価されています。企業ではなく個人の方々が、初めてフライヤー印刷を利用する場合でも、何も戸惑う事無く印刷を終える事ができる点も好評です。用紙のサイズを選択して、普通紙か特殊用紙を選択するだけで仕上がりの良いチラシなどを作り上げる事ができます。どの用紙を選べば良いか分からない時には、業者側がおすすめする用紙を選ぶだけで、用途に合わせたフライヤー印刷の発注ができると考えてください。ただ仕上がりが美しいだけでなく、水にも強い用紙も利用する事ができるので、外で配るためのチラシを印刷したいという人も用紙にこだわる事をおすすめします。二つ折りや三つ折りなどの加工をしたい時にも、印刷してもらった用紙を自分たちで加工をする必要はありません。全ての加工を業者側に任せる事ができる、手間のかからないサービスとしてフライヤー印刷を利用する人が増えています。無料のサンプルを用意してくれる業者も多いので、用紙の美しさなどをサンプルで確認してみてください。

初めてはお得に利用しよう

印刷

フライヤー印刷を利用する際には業者によって料金が安くなるキャンペーンが行われているかチェックしましょう。初回利用時に安くなったり、大量注文することによって安くなるキャンペーンが主流です。条件に当てはまっているか確認するくせを付けましょう。

もっと読む

適切な印紙を選ぶと良い

ペンタブレット

フライヤー印刷では光沢紙やマット紙など、各種の加工が施されている印紙が多く使われています。光沢紙は色がとても鮮やかで、マット紙はザラザラとしていて使い勝手がとても良いです。また普通紙は利用範囲が広いのでフライヤーにとても向いています。

もっと読む

知っておくべき印刷用語

印刷物

フライヤー印刷をする場合には、印刷用語を覚えておくと不必要なトラブルを減らすことが出来ます。パソコンの画面上では問題ないように見えていても、実際に印刷するとうまく行かない事も多いので、頭に入れておきましょう。

もっと読む